オナ禁の基本

オナ禁が続かないのは6つの間違った思い込みが原因だった!?

 

こんにちは。ジェイソン(@jason_onakin31)です。

 

 

オナ禁が続かないって人は間違った思い込みが原因になっているのかもしれません。

 

つまり、間違った思い込みが禁欲に対するブロックやブレーキになっているということですね。

 

 

今回は、オナ禁の間違った思い込みについてお伝えしていきたいと思います。

 

 

今日の話をしっかり聴いておくと、続かなかったオナ禁が劇的に続くようになったり、

 

オナ禁に対するブレーキが外れて前向きな禁欲生活を送れるようになると思います。

 

 

逆に、最低限これくらいは知っておかなければヤバいよって話をしているので、

 

今後オナ禁を継続していくのなら是非認識しておいてほしいと思います。

 

それでは、見ていきましょう。

 

オナ禁が続かなくなる6つの思い込みとは?【危険】

 

オナ禁が続かなくなる間違った思い込みは以下の6つです。

 

  1. 毎日出した方がいい
  2. オナ禁はつらい
  3. 健康に良くない
  4. 長期オナ禁だと勃たなくなる
  5. 射精は体にいい
  6. 精子は3日で満タン

 

詳しく説明していきたいと思います。

 

毎日出した方がいい

 

勃起力の維持になるし、早漏防止にもなるから毎日出した方がいいという意見があります。

 

確かに、毎日オナニーしていれば血流が良くなり、刺激に慣れるという面では早漏防止にもなるのかもしれません。

 

 

しかし、僕の場合、毎日オナニーをしている時期は逆に勃ちが悪くて元気がなかったですし、

 

チントレをやるようになってからオナ禁しつつ勃起力やサイズをアップすることができたので、

 

それだけのためにオナニーをする理由にならないと思います。

 

 

それに、オナニーを頻繁にしていると逆に女性と行為をした時にイケなくなったり、

 

包皮が伸びて仮性包茎になってしまうリスクもありますし、

 

勃起力の維持のためにオナニーだ!

 

とか言いながらジヒドロテストステロンむんむんの状態で誰とやるんでしょうか?

 

 

結局、そんなことを言っている人に限って女性とほとんどすることもなく一生を終えてしまうなんてことはザラにあると思います。

 

 

それよりも、

 

"オナ禁をして女性にモテるようになりながらペニスの健康を維持したり女の子を喜ばせるためにチントレをする"

 

こっちの方が合理的なのかもしれません。

 

 

オナ禁はつらい

 

『オナ禁はつらい』

 

そんな声をよく聞きます。

 

確かに、始めたてホヤホヤの頃はオナ禁に慣れていないので、禁断症状が出たりしてつらいかもしれません。

 

場合によってはストレスになってイライラするかもしれません。

 

 

しかし、続けていれば何ともなくなり、慣れます。

 

 

オナニーをすることに慣れていたのなら、オナ禁をする生活に慣れればいい。

 

ただそんだけの話です。

 

それに、オナ禁はつらいって本当にそうでしょうか?

 

もしそう思うなら、オナ禁の効果を本当の意味で知らない、

 

何のためにオナ禁をやっているのか目的が明確になっていない、

 

という2つの理由からだと思います。

 

 

なので、オナ禁の効果をしっかり認識するためにも何度もオナ禁効果について書かれているブログ記事を読んだり、

 

禁欲をするようになってからの日々の変化を日記に書いたり、

 

目的をきちんと明確にして見失わないようにするためにもしっかり自分と向き合って、

 

理想の未来をイメージし続ける必要があります。

 

オナ禁の効果をちゃんと知っていて、人生の目的が明確になっていればオナ禁がつらいなんて思うことはなくなると思います。

 

健康に良くない

 

オナ禁は健康に良くないという人がいます。

 

しかし、僕は今まで長らくオナ禁を継続していますが、オナ禁が健康を害したことは1度もありません。

 

むしろ、免疫力が上がり全く病気にもかからなくなったので、会社の健康診断以外で病院に行くことがないです。

 

 

ちなみに、オナ猿の頃は毎年インフルエンザにかかったり頻繁に風邪ひいたりしていましたが、オナ禁を継続するようになって全くかからなくなりました。

 

 

あと、重度の鼻炎と花粉症だったのですが、これも大幅に改善されています。

 

これは禁欲を始めてから食事や健康に気を付けるようになったのも理由の1つだと思いますが、

 

オナ禁が健康に良くないなんてことはまずないと言えます。

 

長期オナ禁だと勃たなくなる

 

長期オナ禁をしたら勃たなくなるっていう心配をしている方は、結構少なくありません。

 

しかし、ただ我慢するだけのオナ禁ではなくて、きちんと禁欲の知識を身につけて

 

正しい方法でやっていれば勃たなくなることはないので安心してください。

 

 

僕は1600日以上一度もリセットすることなくオナ禁を続けていますが、

 

勃たないどころか、むしろオナ猿の頃と比べて元気がいいと思います。

 

(朝起きると決まって天井に向かって生えています(笑))

 

 

ただ、この『オナ禁すれば勃たなくなる』という思い込みによるブロックは結構でかいです。

 

 

僕もオナ禁を始めた当初は、

 

『もし、オナ禁してペニスが勃たなくなったらどうしよう?』

 

と悩んでいる時期がありました。

 

 

その結果、その考えがブレーキになってしょっちゅうリセットをしてオナ禁が全く続きませんでした。

 

 

実際に長期間オナ禁をやってみて、これがただの思いこみだったことに気づいてからは、

 

オナ禁が続くようになり、結局は自分に言い訳しているに過ぎなかったということがわかりました。

 

 

つまり、

 

勃たなくなる→じゃあオナ禁リセットしよう

 

やらない理由を作っていただけだったということですね。

 

 

自分に言い訳してやらない理由を作るのは簡単です。

 

でも、そうやって自分をごまかしながらオナニーをしながらただ歳を取るだけの人生でいいのでしょうか?

 

 

この先、生きていく上でチャンスはいくらでもあるかもしれません。

 

しかし、過ぎ去った時間は二度と戻ってくることはありません。

 

30歳の人が20歳に戻りたくても、いくらお金を積んだところで戻ることはできないのです。

 

 

そう考えたときに、オナ禁を生かして理想の人生を手に入れるためにも、

 

自分に言い訳してやらない理由を作り時間を無駄にして過ごすという選択はないのかもしれません。

 

 

 

射精は体にいい

 

射精は体に良いという意見があります。

 

例えば、"前立腺がんのリスクが減る"とか、"ドーパミンが出てストレス発散になる"などがいい例ですね。

 

 

オナニーが前立腺がんの予防になるのは本当かどうかわかりませんが、

 

 

これを聞いて、

 

『じゃあオナニーした方がいいじゃん!』

 

という考えはあまりにも軽率だと思います。

 

なぜなら、単純に失うものが多すぎるからです。

 

  • 脳細胞が破壊されて頭が悪くなる→収入が下がる
  • ジヒドロテストステロン増加→モテなくなる
  • 免疫力低下→病気になる
  • 自信やコミュ力の低下→良質な人間関係を築けない

 

オナニーをすることによって、モテ、収入、人間関係、健康など、

 

本当ならオナ禁をすることによって得られるかもしれない未来が手に入らなくなってしまう可能性が高くなります。

 

 

そう考えると、なるかもわからないがん予防のためにオナニーをして、

 

大切なものを失うのは良い決断とは言えないと思います。

 

 

それに、前立腺がんにならないためにオナ禁をしないなんて、

 

『俺は階段から落ちるのが怖いから使わないんだ』

 

と言っているのと一緒だと思います。

 

 

ここで言えるのは、

 

先ほどの『長期オナ禁だと勃たなくなる』でお伝えしたのと同じように、

 

オナ禁をしない理由を作って逃げているだけだということです。

 

 

どうしても癌になりたくないのであれば、

 

乳製品や肉類、塩辛い物や刺激物の過度な摂取を避けたり、

 

野菜や果物を毎日しっかり食べるようにしたり、

 

筋トレやウォーキングなどの運動をして、

 

毎日7時間以上質の良い睡眠をとるなどすればいいし、

 

予防法なんていくらでもあります。

 

 

あと、”オナニーするとドーパミンが出てストレス発散になる”

 

についてですが、この考えは危険すぎです。

 

 

確かに、ドーパミンが出ると気持ちよくなって日々溜まったストレスの発散に繋がるかもしれません。

 

 

しかし、ドーパミンが出るのは一瞬で、刺激に慣れてしまうと分泌量も減るので、

 

もっと強い刺激でないと満足できなくなり、中毒状態になってしまいます。

 

 

まあ、これが麻薬中毒だったり、ギャンブル中毒、セックス依存症、アル中、ヤニ中、オナニー中毒の原因だったりするのですが、

 

こうなってしまうと正常な判断力がなくなってしまい辞めようにもやめられなくなってしまいます。

 

ストレス発散・・・

 

聞こえはいいです。

 

 

でも、するならオナニーではなくて、

 

筋トレや格闘技、散歩、釣り、料理、登山、サバゲーなど、もっと健全な方法でやるのがいいと思います。

 

まあ、それよりもストレスフリーなライフスタイルを送ることができればそれが一番なのですが。

 

精子は3日で満タン

 

精子は3日で満タンになると聴いたことがある人も多いかもしれません。

 

しかし、これは間違いなので注意してください。

 

 

実際には、精子が作られるのには90日程度かかると言われています。

 

つまり、今作られている精子は3ヶ月後にやっと放出することができるようになるということです。

 

(放出はしないでください笑)

 

 

言い換えれば、最後の射精から90日経たないと満タンにはならないということですね。

 

 

そう考えると、いかに精子が貴重なものだということがわかると思いますし、

 

この貴重なリソースをオナニーという一瞬だけの快楽のために消費するのはもったいないと思います。

 

それに、オナニーして放出した後、90日間は精子の生産にエネルギーが使われているということになるので、本当の意味でオナ禁効果を体感することは難しいです。

 

僕は、精子は3日で満タンになると信じていた頃は、

 

出してもまたすぐ作られるんだしいいでしょ!

 

って感じで精子の価値を低く見積もっていました。

 

しかし、生産に90日もかかることを知って、いかに精子がいかに貴重なものなのかがわかり、

 

オナニーすることがアホらしくなってオナ禁が続くようになりました。

 

今、あの時の自分に会えるのならオナニーして出しまくっている自分を思い切りぶん殴ってやりたいですね(笑)

 

 

最後に

 

今回の記事をまとめます。

 

  • オナ禁が続かないのは、間違った思い込みがブレーキになっているから
  • ペニスの健康を維持したいのならオナニーではなくてオナ禁しながらチントレをすればいい
  • オナ禁が健康を害すことはない
  • 正しい知識と方法でやっていればオナ禁で勃たなくなることはない
  • 精子の生産には90日程度かかる
  • 貴重な精子をオナニーのために消耗するのはもったいない

 

↑今日は少し長くなったので、超簡単にまとめてみました。

 

 

"間違った思い込み"というのは、オナ禁に限らずあらゆる面において行動のブロックやブレーキとなり、

 

本当は手に入るものも手に入らなくなったり、大切なものを失ってしまうことに繋がりかねないこともあると思います。

 

ここで言えるのは、人間は自分の知識の中でしか行動できないということです。

 

知っている範囲内、認識している枠の中でしか動けないのです。

 

そう考えると無知は危険ですし、僕らは知識を身につけて行動範囲を増やすためにも一生勉強していく必要があるのかもしれません。

 

それでは、今日はこんな感じで以上になります。

 

最後までありがとうございました。

 

 

PS.

 

多忙のため記事更新が少し遅くなることがあります。

 

Twitterの方はほぼ毎晩アップデートしていますので、参考にしてみてください。

-オナ禁の基本

© 2021 精神とオナ禁の部屋