オナ禁の基本

オナ禁に貞操帯は絶対におすすめできない4つの理由【超危険】

2020-10-06

 

オナ禁に貞操帯は有効的なのか?

 

そんな疑問に答えていきたいと思います。

 

 

こんにちは、ジェイソン(@jason_onakin31)です。

 

僕は禁欲継続日数1500日以上を超えている20代前半男です。

 

(正確な日数を出すのが面倒なので400日を超えたあたりから100日単位でカウントしています笑)

 

 

オナ禁に貞操帯が有効だという意見もありますが、むしろ逆です。

 

オナ禁に貞操帯のような器具とか物質的なモノは必要ありません。

 

(貞操帯は何か?ということについてはのちほど説明します。)

 

この記事では、オナ禁に貞操帯を使用するのはおすすめしない理由について書いています。

 

 

貞操帯とは何?

 

貞操帯(貞操器具)とは、狭義には被装着者の性交や自慰を防ぐ施錠装置つきの下着である。主に、妻・夫あるいは恋人・愛人・性的パートナーの純潔を求めて、性交渉を不可能にするために用いられる。女性用の物が有名だが男性用の物もある。貞操帯は強制的に装着させられる場合と、自発的に装着する場合がある。通常、被装着者は自らの意思で貞操帯を取り外すことはできない。現代では専らSMプレイのグッズとして知られ、またそれに用いられることがある。

引用元:Wikipedia

 

 

Wikipediaから引用してみましたが、簡単に言うと『オナニーを防ぐための鍵のついた金属の物体』ということですね。

 

場合によっては、マニアックな性行為にも使用されるみたいです。

 

実物はこんな感じです↓

 

 

まあ絶対に購入をしないでほしいのですが、

 

こんな物もあるんだと思ってもらえればOKです。

 

この金属をどこに着けるのか?というのは言うまでもないですが、僕らが男として一番重要とするあの部分です。

 

オナ禁に貞操帯が絶対におすすめできない4つの理由

 

タイトルにもある通り、オナ禁に貞操帯を使用するのは絶対におすすめできません。

 

効果がないうんぬんではなく、最悪の場合、取り返しのつかないことになってしまう可能性があるからです。

 

それでは、詳しく説明していきたいと思います。

 

①:値段が高い

 

貞操帯の価格は安いもので2000円から、高価なものは20万円近くもするものがあるみたいです。

 

はっきり言って、2千円だろうが20万円だろうがこんなものにお金を払うやつは『アホ』です。

 

 

日本人というのは何か器具やテクニックにすぐ飛びついてしまう傾向があります。

 

 

例えば、

 

恋愛だと『出会って2回目でエッチに結びつける魔法のLineテクニック』とか、

 

ビジネスだと『1日たった10分で月収30万円稼ぐ秘密の方法』とか、

 

健康だと『たった2週間5分やるだけで7キロ痩せる最先端のトレーニング器具』

 

みたいな感じですね。

 

 

ちなみにこういったテクニックや器具に飛びつく人は騙されやすく、カモにされやすい傾向があります。

 

こういった小手先のテクニックや器具を使ったところで100%望むような結果は出ませんし、そもそもこういったジャンキーなものはどの分野においても不要です。

 

 

これは、オナ禁にも同じことが言えます。

 

特に貞操帯に関しては高価ですし、衛生面や危険性を考えたときに割に合いません。(衛生面や危険性については後程。)

 

そんなことにお金を使うんだったら、オナ禁の知識筋トレの教材に投資をした方が冗談抜きで数十倍はリターンを得られると思います。

 

②:壊死してしまう可能性がある

 

ペニスに金属をつけるということは、最悪事故につながりかねません。

 

なぜなら、ペニスには大量の血液が流れ込みますし、金属はコンドームみたいに伸びないからです。

 

適切なサイズをつければ問題がないという意見もあるかもしれませんが、異物を装着する以上、壊死するなどの怪我や事故につながってしまう可能性はなくなりません。

 

そう考えると、貞操帯をペニスにつけるなんてマジで恐ろしいです。

 

③:衛生的に問題がある

 

オナ禁で貞操帯を使うということ、"オナニーを防ぐために装着する"ということですよね。

 

つまり、オナ禁をしている間、オナニーができないようにずっと股間に装着していないといけません。

 

ずっと装着したままだとどうなるか?

 

まず、雑菌が湧きます。

 

例え、お風呂に入ることはできたとしてもきれいに洗ってあげることもできません。

 

・・・・・どう考えても衛生的に良くないですよね?

 

『風呂に入るときは外せばいいじゃん!』

 

という意見もあると思いますが、

 

それだとお風呂でオナニーしてしまう可能性は防げませんし、

 

もしかすると施錠して我慢していた反動で今まで以上にシコってしまうかもしれません。

 

 

また、金属が直接肌に触れるため皮膚を傷める危険性もありますし、

 

中には、貞操帯の装着が原因で金属アレルギーになったという人もいるみたいです。

 

なので、衛生的にも皮膚や肌などの肉体的な健康を考えるとおすすめできません。

 

④:ストレスになる

 

単純に常に体の一部に何かを装着した状態って、人間はストレスを感じてしまうものです。

 

ストレスを感じるとコルチゾールというホルモンが分泌されるので、結果的にテストステロンを下げてしまう原因にもなってしまいます。

 

 

例えば、想像してみてください。

 

ボクシンググローブを体に装着したままで1週間過ごしてくださいと言われたら、あなたはどう思いますか?

 

嫌ですよね。手が自由に使えないのはかなりストレスだと思います。

 

人によっては、イライラして誰かぶん殴ってやりたくなると思います。

 

貞操帯もこれと一緒です。

 

ボクシンググローブみたいに体の一部が使えなくて不自由をすることはないですが、多かれ少なかれ無意識に体はストレスを感じています。

 

なので、ストレスやテストステロンなどのホルモン的に見てもマイナスになりかねないので、そういった意味でも貞操帯は控えたほうがいいのかもしれません。

 

最後に

 

当記事をまとめてみます。

  • 貞操帯は価格、衛生面、健康、危険性、ストレス面を考えたときにリスクでしかない。
  • 小手先の器具やテクニックに飛びつく人はカモにされる。
  • ストレスやテストステロンなどのホルモン的に見ても貞操帯はやめておいた方がいい。
  • 貞操帯買うくらいならオナ禁の知識や筋トレの教材に投資した方がよっぽどリターンが得られる

 

今日の話を聞いて『よし、貞操帯を買おう!』てなった人はたぶんいないと思います。

 

しかし、Googleでは毎月100~200人くらいが『オナ禁 貞操帯』で検索しているみたいです。

 

 

おそらく、貞操帯を付けたらオナ禁が上手くいくのではないか?と考えて調べているのだと思いますが、

 

言ってしまえば、これは他力本願からくる心理だと思います。

 

 

何かに頼れば、これさえあれば、オナ禁が続くようになる、楽になれる、みたいな。

 

 

しかし、残念なことにオナ禁は自分の性欲としっかり向き合って自分の意志、知識、習慣によって行っていくものなので、

 

何か物に頼る、誰かに頼る、なんて他力本願思考では禁欲を成功させることができません。

 

 

今日の話は、多くの人にとっては関係のない話だったかもしれませんが、それでも今日の記事を書くことによって救われる人がもしかしたら1人くらいはいるのでは?

 

と思って書かせてもらいました。

 

 

冒頭でお伝えした通り、オナ禁において貞操帯のような器具は必要ありません。

 

強いて必要なものがあるとすれば、知識と行動力という『物』ではなくて目に見えない本質的なものです。

 

これは何においても言えることなのですが、正しい本質的な知識と行動力があれば何をやってもうまくいく可能性が高いです。

 

なので、しっかり自分の性欲と向き合って、正しい知識を手に入れて行動をしながら良い禁欲ライフを送っていただければと思います。

 

 

それでは、今日はこんな感じで以上です。

 

最後までありがとうございました。

 

-オナ禁の基本

© 2021 精神とオナ禁の部屋