オナ禁の効果

オナ禁を2週間継続したら得られる5つの効果とは?

2020-10-04

 

 

どうも、ジェイソン(@jason_onakin31)です。

 

前回の記事では、”オナ禁を1週間したら得られる効果”について紹介しましたが、今回はその2週間バージョンの記事を公開したいと思います。

 

オナ禁を1週間はクリアできるようになったが2週間まではまだ届いていないという方は参考にしてみてください。

 

オナ禁を2週間して得られる5つの効果とは?

髭の伸びが遅くなる

 

体質にもよるので一概には言えませんが、僕の場合は2週間辺りから髭の伸びが少し遅くなったように感じました。

 

僕は元々髭は濃い方ではなく、それでもオナニー中毒だった時は毎日剃っていましたが、現在は2日に1度くらいしか沿っていません。

 

オナ禁をするとどうして髭の伸びが遅くなるかというと、それはジヒドロテストステロンの分泌が減るからです。

 

ジヒドロテストステロンが多いと、髪の毛は薄くなったり減ったりしますが、逆に体毛や髭は濃くなって伸びやすくなります。

 

オナ禁を2週間くらい継続した頃からジヒドロテストステロンを含めた体のホルモンバランスが安定してくるため、髭の伸びも遅くなります。

 

目覚めがよくなる

 

前回の記事では『寝つきが良くなる』という効果を紹介しましたが、継続日数2週間くらいからは目覚めもよくなってきます。

 

 

朝目覚ましが鳴るちょっと前に目が覚めたり、オナ猿の時は朝起きるときだるかったり体が重かったり頭が痛かったりしたのが、スッキリ起きることができるようになってきます。

 

なぜこのような効果があるかというと、オナ禁をしていると睡眠の質が上がるからです。

 

逆に寝る前にAVを見たりオナニーをしていると脳が覚醒状態になって睡眠の質が下がってしまうので、寝つきも目覚めも悪くなってしまいます。

 

朝スッキリ起きて快適なモーニングを送れることができれば1日のクオリティも変わってきますし、積み重ねるとデカいので睡眠の質を上げて目覚めをよくするためにオナ禁をするのもアリだと思います。

 

向上心が上がる

 

オナ禁は、自分自身との戦いで自分と向き合うことが必要になるので、関心がAVではなく自分に向くようになります。

 

そうなるとオナ猿時代にはなかった向上心が芽生え、自分磨きをしたり自身を成長させるためにエネルギーを使うようになります。

 

人にもよりますが、大体この時期から、筋トレをしたり、読書をしたり、勉強したりと自分の魅力やスキルを上げることにフォーカスするようになってきたという方も多いと思います。

 

もしかしたら、『読書?筋トレ?オナ禁を2週間する前からやってたよ!』という方もいるかもしれませんが、そういう方はより一層これらの自己研磨を『やってやろう!』という向上心が強くなってくると思います。

 

僕の場合はオナ猿の頃からたまにですが読書、筋トレをやっていましたが、オナ禁を2週間くらいの日数を超えてから定期的にやるようになりました。

 

『モテるようになりたい!』『筋肉を付けたい!』という何か成し遂げたいことがある場合、この2週間を超えた辺りからエンジンがかかり始めるので、ここからが勝負ですね。

 

オナニーしたいという欲求が薄くなる

 

オナ禁を2週間していると、この時期から徐々にオナニーをしないことに対して慣れ始めるので、オナニーしたいという欲求が少しずつ薄くなってきます。

 

実際、継続日数1週間の時はオナニーしたくてたまらなかったけど、2週間くらいから前ほどオナニーをしたいと思うこと減ったという方もいると思います。

 

ただ、ここで注意なのが、

 

オナニーをしたいという欲求が薄くなる→俺性欲無くなった→やばいリセットしよう

 

というループを繰り返している方が少なくないということです。

 

2週間オナ禁をしたからといって体に副作用が出たり悪影響が出るということはないですし、

 

むしろオナニーをしたいという欲求がなくなる=性エネルギーが上手く転換されている証拠でもあるので、

 

気にする必要はありませんしここで辞めてしまってはかなりもったいないと思います。

 

肌の質が向上する

 

オナ禁を2週間すると、1週間して治らなかったニキビがさらに治りやすくなり、ニキビ跡やガサガサの肌、角質やアトピーなどの改善にも効果があります。

 

なぜニキビが治りやすくなるかについては前回詳しく説明したとおり、ジヒドロテストステロンという悪い方の男性ホルモンの分泌がオナ禁をすることによって減少するからです。

 

オナ禁には自己治癒能力を向上させる効果があるため、壊された細胞や修復するべき細胞を治す効果があります。

 

なぜなら、精子の生産に使っていたエネルギーを細胞の修復に充てることができるようになるからですね。

 

そのため、なかなか治らなかったニキビが治ったり、傷の修復がはやくなったり、肌がツルツルになったり、ニキビ跡が治りやすくなったりするのです。

 

僕も、オナ猿の時はニキビがやばくて、しかも潰していたのでニキビ跡に悩まされていました。

 

しかし、オナ禁を継続することによってガサガサだった肌は修復され、ニキビ跡もほとんど治りましたので、現在肌に悩みがある方はオナ禁を2週間以上続けてみるといいかもしれませんね。

 

ただし、肌には食品添加物や腸内環境や空気や水なども影響しているのでそういった面も並行して気を付ける必要があります。

 

最後に 2週間できれば1ヵ月はそう遠くはない

 

2週間は1ヵ月でいうと約半分です。

 

つまり、1ヵ月の折り返し地点付近なので、継続日数1ヵ月という地点も目に見えてくる頃だということです。

 

7、8割くらいの人が日数2週間超える前にリセットしてしまうので、もし長期オナ禁を目指すのであればいかにこの時期を乗り越えるか?が大切になってきます。

 

2週間でリセットしたらここまで来るのにまた2週間かかってしまうので、誘惑に負けずに次は1ヵ月を目指してやってみることをお勧めします。

 

 

~まだオナ禁が続かないと悩んでいる方へ~

 

オナ禁は人生の目的ではなく、手段の1つでしかありません。

 

その手段に四苦八苦していては、お金よりも大切な人生の貴重な資源である時間の無駄ですし、本末転倒です。

 

そうならないためにも、さっさとオナ禁をマスターして自分の目標や夢を叶えるべく次のステージに進みませんか?

 

断射プログラムを利用すれば最短でオナ禁をマスターすることが可能です。

 

オナ禁の教科書 『断射プログラム』

 

↑僕も実際にこれを利用して1回目で31日、2回目の挑戦で85日を達成することができました。今ではオナ禁継続日数2000日以上を超えています。

-オナ禁の効果

© 2022 精神とオナ禁の部屋