オナ禁の応用

オナ禁のモチベーションを上げて高確率で目標日数まで到達させる3つの方法

 

どうも、ジェイソン(@jason_onakin31)です。

 

僕は数年前まで毎日ルーティンのようにシコっていたオナ猿でしたが、今では2000日以上一度もオナることなくオナ禁を継続することができています。

 

これを言うと、もの凄いテクニックがあったに違いないと思われた方も中にはいるかもしれません。

 

しかし、前回の記事でもお伝えしましたが、オナ禁はやるか?やらないか?の世界なのでテクニックではなく自分の意志力と行動力の方が圧倒的に重要になってきます。

 

関連記事:オナ禁をやる事に意味はあるのか?

 

・・・ただ、それだと精神論で終わってしまうので、今回は僕がオナ禁初期の頃にやっていた

 

『オナ禁の目標日数までモチベーションを維持し続け、高確率で到達させるための強力な3つの方法』について具体的に話していきたいと思います。

 

 

これをやっていなかったら、おそらく僕は今もオナ猿だったかもしれないし、少なくともここまで継続できていなかったと思います。

 

逆に言うと、これさえ忠実にやっておけば、挫折したり元のオナ猿に戻る人が多い中、

 

自己新記録を更新して性欲に使っていたエネルギーをより他の人生を向上させることに使えるようになります。

 

本気でオナ禁をやりたい、成功させたいという方は是非最後まで読んでいただけたらと思います。

 

オナ禁を目標日数まで到達させる強力な3つの方法とは?【モチベーション】

自分に罰を与える(ペナルティ)

 

うっかりオナニーをしてリセットした時に、自分に罰(ペナルティ)を与える方法です。

 

なぜこの方法が有効なのかというと、仮にモテたいという長期的な目標があっても、

 

短期的な原動力がなければ中々モチベーションが続かずにリセットしてしまう可能性が高いからです。

 

 

この時にポイントなのが、キツ過ぎても、何も感じないような優しい罰でもダメで、

 

自分自身が『うわ、ちょっとキツイな・・・』と感じる程度の罰を設定することです。

 

例えば、オナニー1回につき、

 

・3㎞ランニングをする

・腕立て伏せを+100回する

・駅で女性10人にナンパする

・募金箱に1000円札を入れる

・1時間海や街のゴミ拾いをする

・親の手伝いを3つする

 

などですね。

 

上記は僕が今適当に思いついたのを書いただけなので自身でしっかり考えてほしいのですが、少し面倒に感じたりキツイなと思うものを設定してください。

 

これを1つ設定して常に意識することによって、オナニーをするときにハッとなって手を止めることができたり、リセットを防ぐことができるようになります。

 

1度設定したらそれで終わりではなくて、徐々にキツくして行ったりトライ&エラーを繰り返して更新していくとより効果的です。

 

 

ただし、この方法を実践するにあたって注意点が1つあります。

 

それは、『罰を考えたら絶対にやるようにする』ということです。

 

やらないと意味がないのもそうですが、自分で決めたことを忠実にやる事によって自信が付き、

 

最初は失敗したとしても段々オナ禁が続くようになったり、禁欲以外の分野でもうまくいくようになったりするからです。

 

 

逆にやらないと自分自身との約束を守れないことになって自信を喪失し、この方法を実践する前よりもオナ禁が続かなくなって挫折したり、

 

他の何かをやるにしてもやる気が起こらない継続できないといったことになりかねません。

 

 

そうなると意味ないどころが逆効果になるので、やると決めたなら腹をくくって必ずやるようにしましょう。

 

たまにご褒美をあげる(ドーパミン)

 

罰を与える方法ように鞭を打つのも効果的ですが、これと併用して頑張った自分自身へたまーにご褒美をあげるといいと思います。

 

例えば、”30日頑張ったら○○を購入する”、”90日達成したら○○へ行く”といった感じですね。

 

日数ごとに報酬を設定してクリアすればゲーム感覚で楽しみつつ実践することができるし、罰を与える方法と同様に短期的な原動力になるのでオススメの方法です。

 

オナニーを頻繁にやったりのめりこんでしまうのは、ドーパミンという脳のホルモンが分泌されるのが1つの要因ですが、

 

この方法によって自分自身へ報酬を与えることによりドーパミンが分泌され、

 

オナニーではなくオナ禁をやったらいいことがあると脳に暗示をかけることができるのでドーパミンを味方に付けることができます。

 

自分自身へプレッシャーを与える(自己投資)

 

最も強力な方法は、お金を払って自己投資をし、自分自身にプレッシャーをかけることです。

 

なぜなら、お金を払うことによってやらなければいけない理由ができ、やらざるを得ない環境を作ることができるので後戻りができなくなるからです。

 

 

僕は17歳の学生だった頃、オナ禁が中々継続できなくて何度諦めようと思ったか分かりません。

 

でも、このままだといつまで経っても変わらないし、何かを変えないといけないと思った時に断射プログラムというオナ禁の教科書を購入して実践したところ、

 

31日、85日、とオナ禁が継続できるようになり、現在では2000日以上一度もリセットしていません。

 

当時まだ高校生でバイトもしていなかったので、1万円という金額は今の自分からすれば10万円に値するくらい大金でしたが、

 

あの時思い切ってお金を払い自分自身へプレッシャーをかけたことで、

 

『絶対にやらなければ!!!』

 

とやらざるを得なくなったため特に難しいことをやらなくても続くようになりました。

 

 

逆にあの時行動していなかったら、未だにオナニーをしてオナ猿生活を送っていたと思いますし、このブログを運営することもなかったでしょう。

 

・・・そう考えると、ちょっと恐ろしくなってきます。。

 

この方法はオナ禁に限らず他の分野でも有効的なので、だらだらやってしまう人や、

 

短期的に自分自身を追い込んで成長させたいという方は是非試してみてください。

 

最後に リスクを取ってオナ禁を成功させましょう

 

僕たち人間はリスクを取ろうとしたときに生存本能が働き、現状維持バイアスがかかるため中々行動することができません。

 

しかし、リスクを取らなければいつまで経っても成長できないし、現状維持どころか衰退していく一方になってしまいます。

 

 

リスクを取るというとハードに聞こえるかもしませんが、

 

就活をする→面接で落とされるリスク

告白をする→断られるリスク

株式投資→暴落するリスク

企業→倒産するリスク

筋トレ→怪我をするリスク/餓死するリスク(食料危機になった時にエネルギー消費が多くなるため)

 

何をするにしてもリスクは付き物ですし、言ってしまえばリスクを取らずに何も成し遂げることは不可能です。

 

 

しかし、オナ禁はやる事によってお金がかかるわけでもなく、健康を害するわけでもなく(むしろ健康になる)、やらないと誰かに怒られるわけでもないので、自らリスクを取る必要があります。

 

今回お伝えした3つの方法のうち、①自分に罰を与える③自分自身へプレッシャーをかける、の2つは多少のリスクが必要ですが、

 

その分効果も強力なのでオナ禁を成功させたい、自分を芯から変えたいという方は是非試してみてください。

 

 

 

~まだオナ禁が続かないと悩んでいる方へ~

 

オナ禁は人生の目的ではなく、手段の1つでしかありません。

 

その手段に四苦八苦していては、お金よりも大切な人生の貴重な資源である時間の無駄ですし、本末転倒です。

 

そうならないためにも、さっさとオナ禁をマスターして自分の目標や夢を叶えるべく次のステージに進みませんか?

 

断射プログラムを利用すれば最短でオナ禁をマスターすることが可能です。

 

オナ禁の教科書 『断射プログラム』

 

↑僕も実際にこれを利用して1回目で31日、2回目の挑戦で85日を達成することができました。今ではオナ禁継続日数2000日以上を超えています。

 

-オナ禁の応用

© 2022 精神とオナ禁の部屋