オナ禁の応用

オナ禁効果をMAXにする身近な食べ物10選【テストステロン】

2020-10-18

 

こんにちは。ジェイソン(@jason_onakin31)です。

 

オナ禁効果を高める食べ物って身近に何かないのか?

 

という疑問について今日は話していきたいと思います。

 

今日の話を聞いておけば、

あなたはオナ禁の効果を体感しやすくなり、

継続日数も長くなってくると思います。

 

 

逆に、この話を知らないとオナ禁の効果を感じにくい、

なかなか日数が伸びないという悩みを抱えて一生を終えるかもしれません。

 

すこし大げさかもしれませんが、

それくらい大切な話をしますので、

ぜひ最後まで見てください。

 

オナ禁と食べ物の関係

 

オナ禁の効果を効率的に高めるためには、食べ物や栄養素が深く関わってきます。

 

なぜなら、人間の体は食べ物でできているからです。

 

例えば、筋肉をつけようと思ったらたんぱく質になるものをしっかり食べ、ビタミンや亜鉛などのミネラルを満遍なくとる必要があると思います。

 

逆に、暴飲暴食したり、ご飯は食べずにお菓子ばっかり食べていたり、野菜は抜いてジャンクフードだけ食べたり、偏った食生活をしていたらいくら筋トレしていても筋肉は付きにくいと思います。

 

これはオナ禁にも同じことが言えます。

 

いくらオナ禁をしていても、添加物や農薬、砂糖まみれの食べ物を日々食べていたらオナ禁の効果は感じられにくいです。

 

なぜなら、オナ禁は精子という超スーパーエネルギーの無駄遣いをやめて、そのエネルギーを貯めて別の形に転換する作業だからです。

 

じゃあ、その精子という超スーパーエネルギーの質が添加物や農薬などの化学物質に汚染されていたらどうでしょうか?

 

言うまでもないですよね(>_<)

 

オナ禁と食べ物の関係ついては

今日の記事で全部話すと

読むのに10時間くらいかかると思うので

また別のところで話していきたいと思いますが、

とりあえずそういうものなんだという認識をしておいてください。

 

オナ禁効果を最大限に高める身近な食べ物10選

 

次に、オナ禁の効果を高める身近にある、

または入手しやすい食べ物について

紹介していきたいと思います。

 

『俺、毎日食ってるぜ?』という方もいれば、

『知らなかった!』という人もいると思いますので、

 

今日の話を聞いてライフスタイル取り入れてみたり、

今まで口にしていたあまり良くなさそうな食べ物と

入れ替えてみるといいと思います。

 

バナナ

 

バナナ。そうです。

黄色い皮を剥いたら甘い実が出てくる、あのバナナです(笑)

 

実は、バナナにはブロメラインという酵素が含まれていて、このブロメラインにはテストステロンを増やす作用があるといわれています。

 

スーパーで簡単に入手できますし、

最近ではコンビニなどでも普通に売られていますね。

 

価格も安いし栄養素も申し分ないのでおすすめの食べ物です。

 

食べるのに一番いいタイミングは、朝です。

 

理由は、

  • 消化に良いので即効エネルギーに変わる
  • 果物は朝食べると吸収率が高い
  • 皮を剥くだけで食べられるので時間がかからない

からです。

 

僕も数年間、

朝食に置き換えて毎日2本くらい食べていましたが、

すこぶる調子が良かったです。

 

あと、最近は少しずつ増えてきたのですが、

グリーンアイとか田辺農園の

なるべく有機栽培(オーガニック)のものが

良いですね。

 

値段は少し高くなりますが、

オーガニックのものは農薬が使われていないので

安心安全です。

 

クコの実

 

もしかしたら聞いたことがない人もいるかもしれませんね。

クコの実は杏仁豆腐の上に1つだけポツンとのっている赤い実です。

 

クコの実は別名ゴジベリーとも呼ばれ、

100種類以上の栄養素を含み、

抗酸化作用が高いことからスーパーフードと呼ばれています。

 

そして健康効果もかなり高いです。

 

免疫力のアップ、血糖値の維持、テストステロンの上昇、運動パフォーマンスアップにも効果があります。

 

これを毎日食べると、オナ禁をするのに有効的なのは間違いないと思います。

 

スーパーフードとはいえ価格も意外と安く、簡単にAmazonで変えるのでおすすめです。

 

 

食べすぎは良くないのでオーガニック栽培のものを

朝食とか間食に毎日10粒くらい食べるといいと思います。

 

アボカド

 

スーパーにも売っているアボカドですが、

『森のバター』『食べる美容液』

と言われるほど栄養価が高いみたいです。

  • ビタミンE→血流の改善、テストステロン増加
  • 鉄分→滋養強壮
  • カリウム→精子の量と質の向上
  • 亜鉛→生殖機能の改善
  • アルギニン→血流改善や疲労回復
  • セレン→血管拡張や血液の凝固防止

これだけの栄養素が含まれているのにスーパーなどで簡単に手に入るのでおすすめです。

 

手軽に食べる方法としては、

少し柔らかくなったなと思ったら

半分に切って種を取り出し、

マヨネーズをかけてスプーンですくって

食べるだけです。

 

とてもシンプルですが時間もかからないしおいしく食べれるので是非やってみてください。

 

 

(↑ちなみに、僕は安いマヨネーズには添加物が入っていたりで良くなかったりするので質のいい卵を使っていたり悪い添加物が入っていないものにこだわるようにしています。)

 

素焼きミックスナッツ(無塩)

 

アーモンド、クルミ、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、ピスタチオ、などのナッツ類にはオメガ3脂肪酸、亜鉛、アルギニン、ビタミンEなどテストステロンを高めたり精子の質を改善する栄養素がたくさん入っています。

 

ある研究によると、18歳から35歳の健康男性に毎日ミックスナッツを60グラム食べさせたところ、14週間で精子の量が増えて損傷されたDNAが修復され、テストステロンも十数パーセント高くなったみたいです。

 

ミックスナッツっておいしいのでついつい食べてしまうのですが、食べすぎると太ってしまったり消化に負担がかかってしまい逆効果なので注意が必要です。

 

おすすめなのは、数種類以上のものを毎日間食などに30グラムくらい食べるのがいいと思います。

 

あと、食塩や植物油脂が入っているものはあんまり良くないので無塩で植物油脂が入っていないものを選ぶようにしてください。

 

価格も1キロ約2千円と安いのでおすすめです。

 

 

(↑僕も愛用しているミックスナッツ。3種類の商品が多い中4種類入っていて、しかも小分けにされてていちいちグラムを測らなくていいし食べ過ぎ防止にもなるのでおすすめ。)

 

納豆

 

納豆は毎日食べている人もいると思いますが、

1パックあたり7グラムくらいのたんぱく質を摂れて

亜鉛も含まれているのでおすすめです。

 

しかも、スーパーで3パックで70円くらいだし、

発酵食品で体にも良いし、

よっぽど嫌いじゃない限り買わない理由が見つからないですね。

 

僕も毎日夕食に1パック食べています。

 

玉ねぎ

 

玉ねぎには、『含硫アミノ酸』というテストステロンの生成を活性化させる成分が含まれています。

 

これは玉ねぎに限らずネギやニラなどにも含まれているのですが、工夫次第で毎日摂取しやすい玉ねぎをあえて取り上げてみました。

 

おすすめの食べ方は、なるべく生で食べることですね。

 

『生だと辛いじゃん!』と思われるかもしれませんが、

ある簡単な方法で生なのに辛くなくて手軽に食べる方法があります。

 

この方法は僕も取り入れているのですが、

毎日玉ねぎを手軽に食べれてテストステロンを上げることができています。

 

その方法とは、『酢玉ねぎ』にすることです。

 

作り方は、めちゃくちゃ簡単です。

玉ねぎを薄く切って蓋ができる瓶に入れ、

『そのまんま酢』で1日くらい浸すだけ。

 

 

日持ちもするし、おいしいし、手軽に食べれるし、健康になれるし、超便利な食べ方です。

 

ブロッコリー

 

多くのトレーニーが愛用しているアブラナ科のブロッコリーですが、ものすごく栄養があります。

 

ブロッコリーには、ジインドリルメタンとI3C(インドール-3-カルビノール)という成分が含まれています。

 

この成分には女性ホルモンの『エストロゲン』をの分泌を抑え、男性ホルモンのテストステロンを増強させる働きがあります。

 

また、ブロッコリーはとても栄養価が高い野菜で、なんと100g食べれば1日に必要なビタミンCが摂れてしまいます。

 

他にも、葉酸、ビタミンE、ビタミンK、カリウム、マグネシウム、ビタミンBや食物繊維などのさまざまな栄養素が豊富に含まれていて、野菜の中でもかなり栄養価が高いみたいですね。

 

これが、多くのトレーニーがブロッコリーを愛する理由です。

 

これを食べずにオナ禁するのはもったいないです。

 

おすすめの食べ方は、さっとゆでてマヨネーズをかけて食べるだけ。

 

僕はブロッコリーが大の苦手でしたが、栄養価を知ってから毎週のように食べるようになりました(笑)

 

 

人参

 

人参には強力な抗酸化作用があり、

体の酸化を防いでくれます。

 

また、免疫力の向上や美肌効果、

がん予防にもなるので毎日食べるといいかもしれません。

 

にんじんしりしりにすると簡単でおいしいし、弁当のおかずにもなるのでおすすめです。

 

『どうしても人参が嫌いなんだ!』

 

という方もいるかもしれませんが、

そういう方は朝鮮人参高麗人参などの

 

人参の中でもさらにパワフルな奴を

サプリメントなどで摂るのも1つの方法です。

 

 

ニンニク

 

ニンニクに含まれるアリシンは、血管を広げる作用があり血行を良くします。

 

また、アルギニンも含まれているのでテストステロンの分泌を促進されるみたいです。

 

アリシンで血流が良くなり、アルギニンでテストステロンが上がる。

 

これが、ニンニクが精力増強に効果があるといわれている理由です。

 

おすすめなのは、黒ニンニクです。

 

自宅で炊飯器などでも作れますが、

最近ではスーパーや通販などでもよく見かけますね。

 

黒ニンニクは熟成されているので普通のニンニクの3倍のアルギニンが含まれているそうです。

 

また、ポリフェノールの含有量も野菜の中ではトップレベルなので様々な健康効果が期待できますね。

 

おやつに食べたり食前に3粒くらい食べるといいと思います。

 

 

有機無調整豆乳

 

豆乳にはイソフラボンという成分が含まれていて、過度な性欲を抑える働きがあります。

 

つまりどういうことかというと、無駄な性欲が抑えられることによってオナニーをする確率が下がり、オナ禁の成功率が高まるということですね。

 

はっきり言って、これを飲むだけでオナ禁の成功率が上がるし、たんぱく質豊富で筋トレにも効果的だし、美肌効果や腸内を整える働きがあるのでかなりコスパのいい飲み物だと思います。

 

僕もオナ禁始めた当初は、高校生でお金がなかったので『母親に豆乳ってめっちゃ体にいいらしいよー』と説得して買ってもらっていました(笑)

 

飲むタイミングは朝と晩、2回飲むようにしていましたが、抑えられないくらいの性欲が爆発することが圧倒的に減りました。

 

ただ、1つ注意点があります。

 

豆乳を飲むなら必ずオーガニック(有機)のもので、砂糖が入っていない無調整のものにしてください。

 

なぜなら、普通の豆乳は遺伝子組み換えや農薬が使われている可能性が高いので、飲むメリットよりデメリットの方が大きくなってしまうからです。

 

最近いろいろな味のものが出ていますが、砂糖や添加物が入っているのであれを飲むくらいなら飲まない方がいいです。

 

なので、もし豆乳を飲むならオーガニックで無調整のもの一択です。

 

 

まとめ

 

今日は、オナ禁の効果を高める身近にある食べ物について紹介させていただきました。

 

オナ禁の効果を直接的に高めるというよりは、

 

『テストステロンや抗酸化作用を高めて結果的にオナ禁効果が上がる』

 

といったものが多かったと思います。

 

冒頭でもお話しさせていただいたように、人間は食べ物でできています。

 

そして何を口にするかによってオナ禁の効果や筋トレの効果に影響が出てしまいます。

 

だからこそ、日ごろ食べるものにはこだわりたいですね。

 

今日の話を聞いて、1つでもいいので実践できそうな部分があったら是非取り入れてみてください。

 

それでは、以上です。

 

最後までありがとうございました。

 

-オナ禁の応用

© 2021 精神とオナ禁の部屋