オナ禁の応用

オナ禁でにきびが治らない?5つの原因と対処法を徹底解説!

2020-08-27

どうも、ジェイソン(@jason_onakin31)です。

 

『オナ禁しているのにニキビが治らない!!』

『オナ禁でニキビが治るって聞いたのに嘘なの!?』

 

と思われた方、安心してください。

 

結論から言うと、オナ禁でニキビは良くなります。

 

でもなぜ、オナ禁してもニキビが治らない人が一定数いるのでしょうか?

 

今回は、オナ禁しているのにニキビが治らない5つの原因と対処法をまとめてみました。

 

それでは早速見ていきましょう。

 

オナ禁でにきびが治らない5つの原因とは!?

 

もしあなたがオナ禁してもニキビが良くならないなら、オナ禁以外の要因が原因になっている場合が多いです。

 

つまり、生活習慣だったり、食生活などが問題になっているということですね。

 

僕も、オナ禁を始めたての頃はニキビが治らずに悩んでいました。

 

でも、そこから正しいオナ禁を学び、生活習慣や食生活を見直すことによって、

 

 

『ニキビが治らん!!!』

 

という悩みから解放されました。

 

おそらく今日の話を聞いておけば、オナ禁をしているのにニキビが治らないと悩む必要はなくなると思います。

 

それでは見ていきましょう。

 

原因①:食事が偏っている・暴飲暴食

 

いくらオナ禁をしていても、暴飲暴食や偏った食事をしていたらニキビは治りません。

 

砂糖たっぷりのお菓子、揚げ物三昧、野菜は嫌いだから食べない、毎日酔っぱらうまでビール。。。。。

 

こんな食生活をしていて、

 

『おな禁してるのにニキビが治りません!』

 

ていう人をみたら、あなたはどう思いますか?

 

僕だったら、

 

『当たり前だろボケ!!!』

 

って言って一発ぶん殴ってやりたくなります( `ー´)ノ

 

こんな食生活をしていれば、ニキビが治らないどころかオナ禁の効果という恩恵を受けることができないと思います。

 

なぜなら、オナ禁は精子の質と深く関係しているからです。

 

なので、糖質、油分のとりすぎ、野菜不足、暴飲暴食、アルコールの取りすぎには注意しましょう。

 

原因②:エロ禁をしていない

 

オナ禁をしていても、エロ禁をしていないとニキビは治りにくくなりますし、むしろオナニーをしている時と同じようにニキビが増えてしまう可能性があります。

 

理由は、オナ禁をしていてもエロ禁をしていないとジヒドロテストステロンという悪い男性ホルモンが分泌されるからです。

 

このジヒドロテストステロンによってニキビが治りにくい、もしくはニキビができてしまうということが考えられます。

 

オナ禁をしていてもエロ禁をしていなければオナ禁の効果は半減しますし、それは非常にもったいないのでオナ禁×エロ禁はセットで頑張っていきましょう。

 

原因③:睡眠不足

 

睡眠不足になると、ホルモンバランスが乱れたり免疫力の低下によって体の細胞の修復がうまくされないので、ニキビができやすくなります。

 

オナ禁によってニキビのリスクは軽減されるかもしれませんが、睡眠中に皮膚のダメージが回復されたり再生されるので、なるべく睡眠時間を確保したいところです。

 

できれば最低7時間は欲しいですね。

 

それと、毎日睡眠時間、寝る時間が違うって場合はニキビのリスクが高いです。

 

これもホルモンバランスが乱れますし、テストステロンが減ってしまう原因になってしまうからです。

 

『俺、交代勤務だから不規則なんだよ!』

『残業時間がバラバラだから寝る時間も毎日違うんだよな~』

 

という方は、仕事を見直してみるのも一つの手かもしれません。

 

原因④:オナ禁日数不足

 

当たり前ですが、オナ禁日数が少ないとニキビも治りにくいです。

 

僕の場合は、オナ禁を始めて1週間くらいで減りはじめましたね。

 

これには人によって個人差があると思いますが、継続日数が増えるほどニキビが治りやすくなる可能性が高くなるので、なるべくオナ禁の継続日数を増やすことをおすすめします。

 

原因⑤:ストレス過多

 

サラリーマンをしていると少なからずストレスにさらされると思います。

 

このストレスが、めちゃくちゃ危険です。

 

なぜなら、ストレスが多いと活性酸素という体を参加させてしまう物質が発生します。

 

そしてその活性酸素が細胞を傷つけてしまうので、結果的にニキビが増える、または治りにくいという現象が起こります。

 

活性酸素は老けやすくなったり、髪の毛が禿げやすくなったりするので気を付けたいですね。

 

まあ、ストレスがゼロの人はほとんどいないと思いますので、ある程度は仕方ないのでしょうが、気を付けておくに越したことはありません。

 

オナ禁でにきびが治らない時の対処法

 

オナ禁してもニキビが治らない時の僕がおすすめする対処法について紹介したいと思います。

 

  • 野菜や果物をしっかり食べてビタミンをとる。
  • 加工食品や糖分をなるべく取らない。
  • 睡眠時間をたっぷりとる(最低7時間以上)。
  • ポジティブな方法でストレスを発散する(筋トレとか)。
  • エロ禁をする。
  • 毎日同じ時間に起きて寝る。
  • 水道水は飲まない。
  • 断射プログラムでオナ禁の正しい知識を学ぶ。
  • オナ禁の継続日数を伸ばす(最低2週間以上)。

 

ざっとこんな感じですね。

 

1つずつ解説していくと長くなるし、先ほど述べた原因の方を見ていただけるとわかると思うので割愛させていただきますが、これらを実践していくと『オナ禁しているのにニキビが治らない、減らない』ということはほとんどなくなると思います。

 

できるところからでいいので、まずは1つからでもいいのでやってみるといいと思います。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今日の話を聞いて、オナ禁をしてもニキビが治らない原因について少しは理解していただけたと思います。

 

では、簡単にまとめていきます。

 

【オナ禁してもにきびが治らない5つの原因】

  1. 食事が偏っている
  2. エロ禁をしていない
  3. 睡眠不足
  4. オナ禁日数不足
  5. ストレス過多

【オナ禁してもにきびが治らない時の対処法】

  1. 野菜や果物をしっかり食べてビタミンをとる。
  2. 加工食品や糖分をなるべく取らない。
  3. 睡眠時間をたっぷりとる(最低7時間以上)。
  4. ポジティブな方法でストレスを発散する(筋トレとか)。
  5. エロ禁をする。
  6. 毎日同じ時間に起きて寝る。
  7. 水道水は飲まない。
  8. 断射プログラムでオナ禁の正しい知識を学ぶ。
  9. オナ禁の継続日数を伸ばす(最低2週間以上)。

 

 

もしかしたら、『これ実践するの、難易度高けぇーな・・・』と思った方も中にはいるかもしれません。

 

しかし、現実はそう甘くありません。

 

厳しいようですが、今日の話が実践できないというようであれば、一生顔にニキビを付けたままで生きるしか選択肢はないのかもしれません。

 

もしニキビを治したい、良くしたいと思うのであれば、今日話した内容をできるところからでいいので実践してみるといいと思います。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

最後までありがとうございました。

-オナ禁の応用

© 2021 精神とオナ禁の部屋