オナ禁の効果

オナ禁するとストレスに強くなる6つの理由

2020-09-29

 

こんにちは。ジェイソン(@jason_onakin31)です。

 

巷には、オナ禁をするとストレスになるとかいう人がいますが、

 

『いやいや、逆だろ。オナ禁をすると圧倒的にストレスに強くなるぜ?』

 

という話をしてきたいと思います。

 

現に、僕はオナニー中毒だった時は

ちょっとしたことで落ち込んだり、

イライラしたり、

かなりストレスを抱えながら生きていたと思います。

 

それからオナ禁に出会い、日数を重ねるごとにどんどんストレスを感じることが少なくなっていきました。

 

今では、街中でナンパして無視されても何とも思わなくなったし、

会社では鋼のメンタルの持ち主だといわれたこともあります。(笑)

 

今日は、オナ禁をするとストレスに強くなる6つの理由について話していきたいと思います。

 

この話を聞いておけば、オナ禁をするとなぜストレスに強くなるのかがわかるので、

 

オナ禁がストレスになっていると勘違いすることはなくなると思います。

 

それでは、見ていきましょう。

 

オナ禁するとストレスに強くなる理由①:コルチゾールが減る

 

オナニーをしたりエッチな動画を見ると、快楽物質である『ドーパミン』『コルチゾール』というストレスホルモンが過剰に分泌されます。

 

このコルチゾールというストレスホルモンは、めちゃくちゃ危険です。

 

なぜなら、テストステロンを下げ、筋肉を分解しやすくし、精子の質は低下、さらに精神的に不安定になるからです。

 

逆に、オナ禁をするとコルチゾールというストレスホルモンの分泌が抑えられるようになるので、

ストレスを感じにくくなります。

 

オナ禁するとストレスに強くなる理由②:テストステロンが上がる

 

オナ禁をするとテストステロンという良い男性ホルモンが増えます。

 

このホルモンは女性からモテる、筋肉がつきやすくなるというメリットのほかに、

ストレス耐性が上昇する効果もあります。

 

テストステロンの高そうな人と低そうな人を観察してみると、テストステロンが低ければ低いほどストレス耐性も低くなるので、そういう人はストレスにまみれて生きているように見えます。

 

僕自身もオナニー中毒だった時期がありますが、その時はテストステロンが低くて毎日ストレスに悩ませられながら生活をしていました。

 

オナニーをする→テストステロンが下がる→ストレスが増える→オナニーで解消→テストステロンが低下→ストレスが倍増→・・・・・・

 

まさに無限ループです。

 

このループにはまればはまるほど抜け出すのは難しくなるので要注意です。

 

僕は高校生の時に断射プログラムというオナ禁の教科書を利用してこのループから抜け出しましたが、

オナ猿だった時と比べるとテストステロンは比にならないくらい高くなったと思います。

 

オナ禁するとストレスに強くなる理由③:睡眠の質が向上する

 

オナニーをしたりエッチな画像や動画などを見ると脳が興奮して覚醒してしまうので、睡眠の質はかなり下がってしまいます。

 

僕も昔経験があるのですが、

エッチな動画を見たり妄想をした後って、

なかなか寝付けずに気が付いたら朝の4時くらいだったということもありました。

 

睡眠はストレスと大きく関係していて、

睡眠時間が短くなればなるほど、

質が下がれば下がるほどストレスを感じやすくなります。

 

逆にオナ禁をしていると、ホルモンバランスやが安定してくるので睡眠の質が圧倒的に良くなります。

僕も今寝つきがめちゃめちゃいいのでストレスはほとんどありません。

 

オナ禁するとストレスに強くなる理由④:自分に自信がつく

 

最初は、オナニーをしたいという衝動に勝つのは最初はちょっと大変かもしれません。

 

でも、そこで負けずにやり遂げれば『自分に勝った』という優越感に浸ることができ、だんだんと自分に自信がついてきます。

 

自分に自信がつくと、いちいちくクヨクヨしなくなるのでストレスも感じにくくなります。

 

実際、まわりをみてみるとわかると思うのですが、

自分に自信がない人ほどストレスを抱えて生きていると思います。

 

オナ禁をするとストレスに強くなる理由⑤:筋トレをするようになる

 

オナ禁をしていると、もれなく筋トレもするようになってきます。

 

なぜなら、筋トレをすればテストステロンがアップするので、オナ禁の効果を上げることができるからですね。

 

おそらく、このブログを見ている方の8割以上の方は筋トレをしているのではないでしょうか?

 

実際、オナ禁×筋トレの力は計り知れないと思います。

 

筋トレには脳の活性化、ストレス発散、メンタル向上やテストステロン上昇などの効果があるのでストレスに強くなります。

 

もし、『まだ筋トレをしようと思ってできていない!』

ていう方や『筋トレが続かなくてストレスが溜まってる!』

 

て方は、testosteroneさんの本を読んでみてください。

 

たぶん筋トレしたくてうずうずしたくなると思います。

 

 

オナ禁をするとストレスに強くなる理由⑥:日々の充足感が増す

 

オナ禁をしていると、筋トレや勉強や読書など自分磨きに使う時間や、自分と向き合う時間が増えてきます。

 

自分磨きに時間を使うようになれば、

 

『今日も1歩成長した』

 

と思えるようになるし、

自分と向き合うようになれば

 

『自分がこれからどう生きていきたいのか?』

『本当は自分は何がやりたいのか?』

 

ということがちょっとずつ見えてくるので、日々の充足感が増します。

 

充足感が増えると、『俺は何のために生きているんだろう?』『もう生きるのがつらい』みたいなネガティブな感情が減るので、日々のストレスが感じにくくなります。

まとめ

 

今日は、オナ禁×ストレスをテーマに話をしていきました。

 

最後にまとめてみると、

オナ禁をするとストレスが強くなるには、以下の6つの理由があるということでしたね。

 

①コルチゾールが減る

②テストステロンが上がる

③睡眠の質が上がる

④自分に自信がつく

⑤筋トレをするようになる

⑥充足感が増す。

 

世の中には、オナ禁がストレスだという人もいますが、

あれはオナ禁がストレスなんじゃなくて、

 

何か新しいことをすることに対してのストレス

 

と勘違いしているのだと思います。

 

オナ禁を長期間やっている人ならわかると思うのですが、

オナニーをしている頃より圧倒的にストレスや日々の満足度が違うと思います。

 

なので、もし今オナ禁を長期できていなくてストレスやばいって人は、

長期間のオナ禁に挑戦してみるといいかもしれませんね。

 

では、今日はこの辺で。

ありがとうございました。

-オナ禁の効果

© 2021 精神とオナ禁の部屋