オナニーの害

オナニーのメリットとデメリットを徹底解説!

2020-11-29

 

 

どうも、ジェイソン(@jason_onakin31)です。

 

今日は、オナニーのデメリットについて、僕がオナ猿だった時の経験を元に書いてみました。

 

今回の話をしっかり聴いておけば、オナニーをしてリセットしてしまうことが減ってくると思います。

 

オナニーのデメリットを知ることによって、『○○になりたくない』と感覚的に思うようになるので、

 

オナニーする→○○という害がある→じゃあ止めておこう

 

といった感じでオナニーをすることに対してブレーキをかけることができるようになるからです。

 

なので繰り返し読んでしっかり認識いただければと思います。

 

オナニーはデメリットだらけ

 

最初に結論から言います。

 

オナニーはガチでデメリットだらけです。

 

逆に、オナニーがメリットだらけだったら、僕はオナ禁ブログではなくて今頃オナニーブログを運営していると思います。

 

 

なぜオナニーはデメリットばっかりなのかというと、自ら生命エネルギーを抜き取る行為だからです。

 

どういうことかというと、例えばわかりやすく車に例えてみたいと思います。

 

オナ禁をしている状態というのは、ガソリンがたっぷり入った状態なので目的地までたどり着くことができます。

 

反対に、オナニーをする行為というのは、自らガソリンをタンクから抜き取って捨てているのと同じになります。

 

つまり、ガス欠で走行することができなくなって目的地に達成することが不可能になるということです。

 

・・・自らガソリンを抜くなんてアホだと思いますよね?

 

しかし、オナニーをしている人は上記のように自らガソリン(精子)をタンク(精巣)から抜き取って(搾り取って)捨てているという方になります。

 

怖いのは、やっている本人は性エネルギーを自ら無駄にしているという自覚がないということですね。

 

自覚がある人は調べてオナ禁という存在を知り実践していくわけですが、知らないままオナニーに費やして悲惨な人生を送る人なんてザラですからね。

 

もし自覚がないという方は、オナニーは人生を少しでも良くしたいと思う人がやる行為ではないという認識を持って今すぐ控えたほうがいいと思います。

 

 

 

 

オナニーのデメリット

抜け毛が増える

 

知っている人も多いと思いますが、オナニーをするとジヒドロテストステロンが増えるため、抜け毛が多くなります。

 

実際に今、若禿げと言われるような人が増えていますが、オナニーのし過ぎが原因で禿げているという人もおそらく一定数いると思うし、スマホを1人一台を持つようになった今年々増えつつあると思います。

 

抜け毛が増えるといってもどんなイメージかというと、

 

部屋の床や洗面台を見て、『あれ?俺抜け毛多くね?』となったりとか、お風呂に入って髪の毛を洗う時、ふと手を見たら10本以上ごっそり抜けていたという感じですね。

 

ちなみに僕がオナ猿の頃は、抜け毛が多くて、『もしかしたら禿げるのではないか?』『俺、最近抜け毛が多いけどまさか上の方とかハゲていないよな?』とまだ学生だったにも関わらず心配していた時期がありました。

 

体臭がキツくなる

 

僕がオナ猿だった中学生の時、毎日お風呂に入っていたにも関わらず、『俺って体臭匂ってないよな?』と周りの目が気になったり、

 

学校から家に帰った時に母親から『あんたはよ風呂入りんさい!』といつも言われていました。

 

実際に、オナニーをしているとジヒドロテストステロンの影響で体臭がきつくなるため、周りの目が気になったりして落ち着かなかったり、本当は周囲は何も気にしていなくてもこっちがいつも気にしていたら自身のセルフイメージが下がってしまいます。

 

やる気の低下

 

オナニーをすると、『何かやってやろう!!』というやる気や気力が奪われます。

 

それもそのはず、冒頭でお伝えしたように、オナニーという行為は生命エネルギーを自ら抜き取る行為ですから、やる気もなくなるのも当然ですね。

 

僕は、オナニーしていた頃はやる気がなくて常にだるかったので、いつもボーっとしていたり寝ていたりテレビを見たりゲームをしてダラダラ過ごすのがごく普通の日常でした。

 

エネルギーがなさ過ぎて動くのがだるすぎるときは、エナジードリンクを毎日2本くらい飲んでいましたが、今思うとすごく体に悪いことをしていたなと思います。

 

集中力の低下

 

僕は、オナニーをしていることは本当に集中力が持ちませんでした。

 

勉強しようと思っても、数分後には違うことをしていたり、エロいことを考えていたり、ペニスをいじっていたり、とにかく気が散って他のことを考えたりやったりしていました。

 

集中力は何かを達成したり終わらせるためには必要不可欠なものなので、これがなくなるだけでもかなり致命傷だと思います。

 

バカにされる

 

オナニーをしていると、テストステロンが高い人にバカにされたり、ナメられたりすることが多くなります。

 

僕も、オナ猿の時はよくこういったことがありました。

 

隣町のちょっと悪そうな不良に絡まれたり、クラスメイトにバカにされたり・・・

 

でも、反撃したら面倒くさそうだしちょっと怖いから何もできない。

 

そういう葛藤にいつも悩まされていました。

 

オナ禁をするようになってからは、バカにされることも絡まれたりすることも一切なくなりましたが、あの時の自分を思い返せば情けなさすぎるし、思いっきり3発ぐらいぶん殴って目を覚まさせてやりたいですね笑

 

頭が悪くなる

 

オナニーを頻繁にしていると、脳細胞が破壊されてしまう為頭が悪くなります。

 

実際に、AVを見たりオナニーをすると脳細胞が破壊されるということは科学的にも証明されています。

 

僕も、オナ猿だった時は、成績が学年で下から数えて数番目くらいだったし、ちょっと考えたらわかるだろということも全く理解ができないほどヤバかったです。

 

オナ禁をするようになってからは、学年で成績トップになって超大手の有名企業に内定をもらえるようになりましたが、

 

もっと早くオナ禁に出会っていれば絶対に今よりも良い環境で人生を歩んでいると思ったらオナ猿の期間はマジでもったいないことをしていたなと思います。

 

1日中睡魔に襲われる

 

経験したことがある人も多いと思いますが、オナニーをしていると日中めちゃくちゃ眠くなります。

 

どうして眠くなるのかというと、生命エネルギーを無駄遣いをして挙句に体のエネルギーを精子の生産に回そうとするからです。

 

僕もオナ猿の時は11時から7時まで約8時間くらい寝てもまだ眠かったし、学校の授業中もほとんど寝ていたし、休日の日は昼過ぎまで寝ていました。

 

日中眠くなると勉強や仕事などの生産性が下がりますし、オナ禁していれば寝なくても済む時間を無駄に睡眠に使っているわけですから、人生損をしていると言っても過言ではないと思います。

 

頭がボーっとする

 

オナニーをすると魂が抜けたように1日中ボーとしていました。

 

それもそのはず、大量の生命エネルギーを消費しているため、本来使うべきところにエネルギーを使えなくなるので抜け殻のようにぼーっとしてしまうのも仕方のないことなのかもしれません。

 

向上心の低下

 

オナニーを頻繁にしていると、

  • 自分を磨いて、女性からモテる魅力的な男になろう!
  • 将来のためにお金の勉強をして不自由のない生活を送れるようにしよう!
  • 受験で合格できるように毎日3時間勉強しよう!
  • 知識を得て選択肢を増やすために毎日読書を欠かさずやろう!

というような向上心がなくなります。

 

例えあったとしても、実際に行動するほどのエネルギーがないため三日坊主で終わってしまったり、忘れてしまったりと全く意味がありません。

 

僕もオナニーをしている頃は、なんとなく感覚的に変わりたいとは思っていたものの力が湧いてこず、ゲームやポルノに明け暮れる日々を送っていました。

 

浪費、消費が激しくなる

 

オナニーは、エネルギーを消耗、消費、浪費する代わりに快楽を得る行為です。

 

つまり、何かを生み出す活動ではなく、エネルギーを無駄に浪費する行為だということです。

 

不思議なことに、エネルギーを無駄に消費していると、自然と他のことに対してもそうなってしまっているということに気づいたのは僕だけでしょうか?

 

例えばお金。お菓子、ジュースなどのちょっとしたものから、ゲームの課金代や服や玩具などの物質的な物など、オナニーをしている頃は何も考えずにお金を使っていたと思います。

 

次に時間。なんとなくネットサーフィンして1日を終えたり、ゲームやポルノを見たりと無駄に時間をドブに捨てていました。

 

オナ禁をするようになってからは時間、お金と共に無駄に浪費をすることはほとんどなくなりました。

 

そう考えると、オナニーという行為はオナ禁をしている時よりもお金や時間も無駄にしてしまう可能性が高いので、注意が必要かもしれませんね。

 

不健康になる

 

オナ禁をしていると自然と健康に気を遣うようになる人も多いですが、反対にオナニーをしていると健康に無頓着になるので不健康になってしまいます。

 

具体的には、ジャンキーな食べ物や砂糖たっぷりのジュースを飲んだり、夜更かししたり、運動をしなかったり、といった感じですね。

 

僕もオナニーをしている頃は、ジャンクフードや揚げ物、エナジードリンクや甘いお菓子などを毎日のようにバクバク飲み食いしていました。

 

オナ禁をするようになってからは健康に気を遣うようになったので、玄米を食べたり、筋トレをしたり、野菜中心の食事になったり、添加物を極力避けるようになりましたが、

 

あのままオナニーを続けていれば将来確実にデブになり病気で早死にしていたと思います。

 

寿命が縮まる

 

オナニーは大量のエネルギーを消費します。これによって、寿命が短くなる可能性があります。

 

なぜなら、無駄にエネルギーを消耗することが急激な老化を引き起こす原因となってしまうからです。

 

海外の研究で、オナニーをするマウスと禁欲をしているマウスを観察していたら、どちらが先に天国に行ったと思いますか?

 

答えは言うまでもないですが、オナニーをしているマウスが禁欲しているマウスの15%も寿命が短くなったみたいです。

 

それに、テクノブレイクというオナニーのし過ぎで世界で毎年数百人くらい死んでいるみたいなので、少なくとも寿命にとっていいことはないでしょうし、老化や体の酸化を促すので長生きしたいという人がする行為ではないと思います。

 

あと、先ほど紹介したデメリットの『不健康になる』ということから考えても、オナニーは多かれ少なかれ寿命に影響するということが言えると思います。

 

仮性包茎になる

 

頻繁にオナニーをしていると、仮性包茎になる可能性が高くなるので注意です。

 

特に、皮オナニーとか床オナニーとか危険なので絶対に辞めてください。

 

なぜなら、包皮は伸びて仮性包茎になるし、女性とのセックスでイケなくなりオナニーでしか満たすことのできない体になってしまうからです。

 

ペニスの包皮は一度伸びてしまうと完全に元には戻りません。

 

僕は、オナ猿の頃に皮オナニーのし過ぎでズル剥けペニスだったのが結構重度の仮性包茎になって、一時期、めちゃくちゃ悩んでいました。

 

(幸い、オナ禁とメディカルワークアウトプログラムに出会って改善することができましたが。)

 

オナニーで人間ダメになり、さらに仮性包茎がコンプレックスになる。。。

 

ただでさえオナニーで自信を無くしているのに、コンプレックスが一つ追加されるなんてかなりキツイと思います。

 

実際、僕もあの頃はオナニー中毒×仮性包茎のコンプレックスのダブルパンチが影響でマジで自信がなさ過ぎてダークサイドオーラ全開だったし、今思うと誰が見てもかなりヤバい奴だったと思います。

 

【悲報】オナニーをしすぎると仮性包茎になります

  どうも、ジェイソン(@jason_onakin31)です。   僕は、学生の頃にオナニーをし過ぎたせいで仮性包茎になりました。   仮性包茎は簡単に説明すると、勃起し ...

続きを見る

顔つきがキモくなる

 

人間って、普段の生活や考えていること、生き様などが顔つきや表情にに影響するようになっています。

 

かっこいい生き方をしている人はかっこいいし、そうでない人はそうでない人なりの顔つきになるということですね。

 

つまり、オナニーを日常的にしていたらその顔つきが顔つきに出てしまうのです。

 

実際、僕もそうでした。

 

オナニーをしている時は、クラスメイトに『あいつ、なんか顔AV男優みたいじゃね?』と陰で言っているのを聞いたことがありました。

 

当時は何でそんなことを言うんだろうと落ち込んでいましたが、今考えるとやっぱり顔に出ていたんだと感じさせられました。

 

まあ、オナニーをすると目が腫れぼったくなったり、顔がむくんだりするのでその影響もあったと思いますが。

 

それにオナニーをしていると目つきがエロくなったりするので少なくともかっこよくなりたい、モテたい、自分を磨きたいと思っている人がするような行為ではないと断言します。

 

そういえばつい最近、必死にオナニーをしていた頃の写真を見てみたのですが、控えめに言ってキモすぎてびっくりしました。

 

他人に流されやすくなる

 

オナニーをしていると、同調圧力に負けてしまうので周りに流されやすくなります。

 

なぜそうなるのかというと、オナニーをしているせいで流れに逆らうエネルギーがなくなるし、

 

オナニーをする人って比較的短期的な思考しかできないため、なるべく折衝は避けるようにして楽な道を選ぶようになるからです。

 

僕も、オナニーをしている頃は周りに流されていたり、気づいたら乗せられていたということがよくありました。

 

オナニーのメリット

 

そして、最後にメリットについて紹介します。

 

オナニーのメリットは・・・

 

『ありません!!!』

 

と言いたいところですが、考えに考えまくった結果、1つだけ見つかりました。

 

 

 

それは・・・・・・・・

 

『3秒だけ気持ちいい』ということです。

 

正直な話、射精する瞬間って、気持ちいいですよね?

 

ドピュッと精子を出す瞬間は男なら誰もが気持ちいいと感じるはずですし、オナニーはこの瞬間のためにやっているようなものです。

 

しかし・・・・・

 

先ほどオナニーのデメリットについてお伝えさせて頂きましたが、、、

 

このたった3秒の快楽のために、

  • 禿げやすくなり、
  • 体臭がきつくなり、
  • やる気は低下し、
  • 集中力も低下し、
  • テストステロンの高い人にバカにされ、
  • 同調圧力に負けて他人に流されやすくなり、
  • 脳細胞が破壊されて頭は悪くなり、
  • 日中睡魔に襲われたりボーっとしてしまい、
  • 向上心は低下し、
  • 包皮が伸びて仮性包茎になり、
  • お金と時間の消費や浪費が激しくなり、
  • 不健康になって寿命は縮まる

(↑その他多数のデメリットあり)

 

髪の毛、集中力、テストステロン、脳細胞、向上心、健康、寿命、お金、時間、etc...

 

↑これらの大切な多くのものを失ってもいいのでしょうか?

 

そう考えると、オナニーはガチで害でしかありません。

 

それに、今回紹介させていただいたデメリットの他にもまだまだありますし、別に、それでもやりたければどうぞって感じですが、

 

少しでもオナニーを辞めたい、モテたい、人生変えたい、目標を叶えたい、という人は、今日からオナニーは控えるようにした方がいいと思います。

 

 

最後に 人生を少しでも良くしたいなら今日からオナ禁を!

 

今日は、オナニーのメリットとデメリットについて紹介させていただきました。

 

オナニーをしまくっている人で人生の目的地(目標)に到達している人はほとんどいません。

 

ここでいう人生の目的地(目標)というのは人によって違いますが、

 

  • かわいい彼女を作って楽しい生活を送りたい。
  • 美人のセ〇レを作ってセッ〇スしまくりたい。
  • 毎日健康で日々充実したライフスタイルを送りたい。
  • 自分でビジネスをやり、経済的、肉体的、精神的に自由な人生を歩みたい。
  • お金を稼いで親孝行をしたい。
  • 学校の成績を上げたい、受験に合格したい。

 

人によっていろいろあると思います。

 

オナニーをしまくっている人というのは、冒頭の車の例えのようにエネルギーとなるガソリンを自分で捨てているわけですから、ガス欠になって走行できなくなるので目的地に到達できるはずがないと思います。

 

僕が今回お伝えしたかったのは、オナニーのデメリットもそうですが、オナニーをするということは、自身の人生の達成したい目標の足かせになっているということです。

 

人生が永遠に続いたり、命が何個もあればオナニーをしまくるのもアリだと思いますが、僕たちの時間は永遠ではありませんし、寿命は有限で刻々とタイムリミットが近づいています。

 

人生100年時代とか言われて皆100年生きる気満々で人生設計を立てているように見えますが、実際に100歳まで生きられる人はごくわずかですし、食べ物やストレス、環境ホルモンや化学物質などの影響で昔の人よりも長生きできない可能性もあります。

 

そう考えると、1日たりとも無駄にできる時間なんてありませんし、オナニーという究極の無駄な行為をするなんて馬鹿げていると思います。

 

オナ禁に出会うのが早い方が10代とか早い方がいいのは言うまでもありませんが、30代、40代とかでも全然遅くありませんし、これからの人生で一番若いのは今です。

 

今やらないと、明日やる事はないですし、やらなければ何も変わりません。

 

人生は一度きりです。過ぎ去った時間は泣いても二度と戻ってきません。

 

その人生を少しでも良くしたいと考えるなら、今日からオナ禁をすることをおすすめします。

 

 

~まだオナ禁が続かないと悩んでいる方へ~

 

オナ禁は人生の目的ではなく、手段の1つでしかありません。

 

その手段に四苦八苦していては、お金よりも大切な人生の貴重な資源である時間の無駄ですし、本末転倒です。

 

そうならないためにも、さっさとオナ禁をマスターして自分の目標や夢を叶えるべく次のステージに進みませんか?

 

断射プログラムを利用すれば最短でオナ禁をマスターすることが可能です。

 

オナ禁の教科書 『断射プログラム』

 

↑僕も実際にこれを利用して1回目で31日、2回目の挑戦で85日を達成することができました。今ではオナ禁継続日数2000日以上を超えています。

 

-オナニーの害

© 2022 精神とオナ禁の部屋