オナ禁のコツ

【オナ禁】部屋が散らかっているとリセットの確率が高くなる6つの理由

 

どうも、ジェイソン(@jason_onakin31)です。

 

タイトルを見て、ギクッとした方も少なくないかもしれませんが、

 

実は部屋が汚いとオナ禁をリセットしてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

僕もオナ猿の頃は部屋がゴミや物で溢れていましたが、今ではミニマリストに近いくらい無駄な物が少なくスッキリしています(笑)

 

 

今回の記事では、部屋が散らかっているとリセットする可能性が高くなる理由についてお伝えしていきますが、

 

内容をしっかり認識した上で部屋を綺麗にすればリセットの回数を減らすことができるので、是非最後まで読んでいただけたらと思います。

 

部屋が汚いとオナ禁をリセット(オナニー)する可能性が高くなる6つの理由

物やゴミに脳のメモリーが取られる

 

部屋にゴミが落ちていたり、物が散らかっていると無意識に脳のメモリーがとられてしまいます。

 

例えば、女友達や彼女の家に行った時、床に陰毛が数本落ちていたら終始気になりませんか?

 

これが自分の部屋だと気にならないとかそういう問題ではなく、

 

目で見て脳が認識した時点で既に情報を処理しようとしているので、

 

意識していようがしてなかろうが脳のメモリーがそっちへ行ってしまうのです。

 

じゃあ、脳のメモリーが落ちているゴミや物へ行ったらどうなるのかというと、

 

判断力や自制力が低下し、結果的にオナ禁をリセットしやすくなってしまうのです。

 

ストレスが溜まる

 

ストレスはオナ禁の大敵です。

 

実際、ストレスが原因でオナニーをしてしまう方は多いと思います。

 

ストレスと言えば、仕事や学校、人間関係や恋愛、病気などが取り上げられる事が多いですが、

 

部屋が散らかっていると人間はストレスを感じてしまうので、これが原因の1つになっている可能性があります。

 

逆に部屋がきれいになると、家にいる間はストレスを感じる機会が減ります。

 

今まで感じていたストレスが10だとすると、部屋がきれいになると7くらいに減るかもしれません。

 

7になると10の頃よりもリセットの回数も減ると思いますし、時間対効果もバカにできないので、

 

現在部屋が汚いという人は面倒くさがらずに部屋の掃除をしてみてください。

 

探し物にエネルギーを使う

 

”どこに何があるか分からない状態”というのは、

 

何か1ついるものがあってもわざわざ探さないといけなくなるため、結構エネルギーを使います。

 

何か物がなくて探し、見つからなくてイライラした経験は誰でも1度くらいはあるはずです。

 

家の中で物を探すのはハッキリ言って時間と労力の無駄な作業ですし、

 

おまけにそのストレスが原因でリセットしてしまうなら性エネルギーの無駄遣いにもなります。

 

 

綺麗に整理整頓されていれば、いちいちこういった無駄な事に貴重なリソースを浪費しなくて済むので、

 

不要な物を捨てるだけではなく2S(整理整頓)も徹底しましょう。

 

セルフイメージが下がる

ゴミが散らかってモノだらけの汚い部屋にいる自分と、

 

ピカピカに磨かれて洗練されて、無駄な物がなく整理整頓された部屋にいる2人の自分を想像した時に、

 

どちらのセルフイメージが高くなりそうですか?

 

 

普通に考えて、綺麗な部屋にいる方がセルフイメージは高いと思います。

 

逆に言えば、それだけ部屋が汚ければセルフイメージは下がってしまいます。

 

 

セルフイメージが下がると、

 

『オナ禁なんて自分には無理だ』

『せいぜいできても7日くらいが限界だ』

 

と自ら自分の価値を低く見積もるようになり、なかなかオナ禁が続かなくなります。

 

逆に、セルフイメージが上がれば、

 

『俺なら絶対にできる!!』

『よし、次は100日目指すぞ!!』

 

と前向きに考えるようになり、セルフイメージ通りの現実を引き寄せることができます。

 

 

セルフイメージの重要性については、

 

Majastic Academyの第一話でも紹介されていますが、

 

オナ禁に限らずセルフイメージは大切になってくるので、

 

こういう日常生活でも自分のセルフイメージを上がる選択をする事を意識してみるといいかもしれません。

 

物がある方がリラックスできる(オナニーをしやすい)

 

『散らかっている方が落ち着く。だから片付けない!』

 

という方が中にはいると思います。

 

僕も昔中々片付けられなかったのは、散らかっている部屋に対して何も思わず、

 

むしろ落ち着いてリラックスしていたからだと今では思います。

 

そのせいか母親に毎日のように『片付けなさい!(怒)』と怒鳴られていましたが笑

 

しかし、オナ禁実践者ならこの状態はかなり危険です。

 

なぜなら、オナニーはリラックスした状態(空間)でやる事が多いため、

 

散らかっている部屋が落ち着くのであればオナ禁をリセットしやすくなると言えるからです。

 

それなら、綺麗な部屋が落ち着く人や汚い部屋を綺麗にしてその状態に慣れた人は、

 

整った部屋にいるとリセットしやすいのかというとそうではありません。

 

既に上記で紹介した4つの項目が当てはまらなくなるからです。

 

そう考えると、散らかっている部屋が落ち着く(リラックス)→リセットになるというよりは、

 

散らかっている弊害+リラックス=リセット

 

しやすいと言った方がいいかもしれませんね。

 

生産性のあることにフォーカスできない

 

部屋が汚いと落ちているゴミ、物、ほこりなどの媒体にいちいち脳のメモリーやエネルギーが取られるため、

 

読書、筋トレ、勉強などの生産性の高いことへ中々手が回せません。

 

そうなると、ゲームやYouTube、SNS、ネットサーフィンなど生産性の低いことをだらだらするようになります。

 

もちろん、AV鑑賞やオナニーもこれに含まれます。

 

この状態が何年も続くと生産性の低いことをするのが習慣、日課となってしまい、

 

それが最終的に人格をも形成してしまうため後々取り返しがつかないことにもなりかねません。

 

部屋が綺麗になると、オナ禁をリセットする回数が減少するのでオナ禁の成功率が高まり、

 

予め『○○をする』と決めておけばオナ禁で溜めた性エネルギーを生産性の高いことへ回せるようになり、

 

続ければ自然と意識しなくてもやる状態にすることができるので、

 

『一生ネットサーフィンやオナニーをしてダラダラするような人生で終わらせたくない!』

 

という方は、今からでも全然遅くないので部屋を片付けるところから始めてみましょう。

 

 

最後に 定期的に部屋を綺麗にしましょう

 

僕もオナ猿の頃は部屋が人に見せれないほど汚く、片付けようと思いながらも、

 

リセット→やる気が低下し片付けられない

 

という無限ループを繰り返していました。

 

 

しかし、このままだとまずいと思い本気でオナ禁をしようと決めて実践すると同時に、

 

不要な物や1年以上使っていないものを思い切って全部捨て、

 

まだ使えそうなものはフリマサイトやオークションへ出品し、

 

雑巾がけや拭き掃除を徹底し、自分の部屋だけではなく家中を綺麗にしたところ、

 

リセットの確率が大幅に減少し、オナ猿から抜け出すことができ、今では2000日以上オナ禁を続けることができています。

 

 

部屋を綺麗にするとスッキリして気分や運気も良くなるし、

 

リセットする確率も低くできるし、やる気の低下を防ぎ筋トレなど他の習慣などのモチベーションも維持しやすくなるので、

 

一石∞鳥だと思います。

 

部屋を片付けるのが億劫で散らかっているという方は、無理してミニマリストになる必要はありませんが、

 

不要なものを断捨離してストレスの根源を絶つことをおすすめします。

 

 

~まだオナ禁が続かないと悩んでいる方へ~

 

オナ禁は人生の目的ではなく、手段の1つでしかありません。

 

その手段に四苦八苦していては、お金よりも大切な人生の貴重な資源である時間の無駄ですし、本末転倒です。

 

そうならないためにも、さっさとオナ禁をマスターして自分の目標や夢を叶えるべく次のステージに進みませんか?

 

断射プログラムを利用すれば最短でオナ禁をマスターすることが可能です。

 

オナ禁の教科書 『断射プログラム』

 

↑僕も実際にこれを利用して1回目で31日、2回目の挑戦で85日を達成することができました。今ではオナ禁継続日数2000日以上を超えています。

 

-オナ禁のコツ

© 2022 精神とオナ禁の部屋