日本人専用トレーニング

【やめとけ】日本人専用自宅トレーニングをおすすめしない人の特徴4つ

 

こんにちは。ジェイソン(@jason_onakin31)です。

 

突然ですが、あなたは現在、日常で筋トレをやってますか?

 

おそらくこのブログを見てくれている方の半分くらいはやっていると思いますが、

 

やってないって人は冗談抜きでマジでやった方がいいです。

 

 

なぜなら、いくら長期間オナ禁していても、筋トレをしてないと禁欲効果を最大限に発揮させることができないからです。

 

 

それに、トレーニングをすれば脳が活発になり、テストステロンの上昇&維持、メタボ解消、免疫力向上、見た目の印象アップなど多くの面において役立つし、

 

仮に初期投資は少しかかったとしても、その後はほとんどお金をかけずにただ同然でたくさんの恩恵を受けることができます。

 

 

それに今、日本だけではなくて世界全体がコロナの影響で引きこもりモードですよね?

 

こういう時期だからこそ周りと差をつけることができますし、

 

逆に家にずっといて運動していないとブヨブヨになって肥満や病気になってしまうかもしれないので、

 

まだ筋トレやってないって方は今がチャンスなのかもしれません。

 

 

・・・ところで、今日は以前からブログ内でちらっと紹介している『日本人専用自宅トレーニング』について記事を書いてみました。

 

実は、残念ながら日本人専用トレーニングをおすすめできない人や、

 

やめておいた方がいいって人がいたので、今回はそういう方に向けて発信していきたいと思います。

 

日本人専用自宅トレーニングをおすすめしない人とは?

 

実際に、僕が日本人専用トレーニングに参加して年間の実践経験を得て、

 

おすすめしない方ややめておいた方がいい人について考察してみたときに、

 

以下4つの特徴がありました。

 

  1. 筋トレに十分な時間が投資できない人
  2. 年齢が50歳以上の人
  3. とにかく筋肉をデカくしたい人
  4. 腹筋を特化して鍛えたい人

 

詳しく説明していきます。

 

筋トレに十分な時間が投資できない人

 

忙しすぎて筋トレに十分な時間を投資できない人には、日本人専用トレーニングは向かないかもしれません。

 

なぜなら、マニュアルには35分と書いてあるものの、慣れないうちは1時間以上かかってしまうからです。

 

 

仕事が終わって、帰宅したら午前様。

 

それからトレーニングしてから寝てまた朝早く起きて仕事をする。

 

 

そんな生活をしていると結構きついです。

 

それに、筋肉は寝ている間に成長しますし、睡眠時間が減ってしまえば怪我のリスクも上がってしまいます。

 

 

おまけに、寝てないと生命エネルギーが無駄に消費されてオナ禁の効果も下がってしまいかねないので、

 

 

最低でも週三回1時間を筋トレの時間に使えないって方は、

 

プリズナートレーニング』のような1日10分程度で完結する筋トレ法をおすすめします。

 

もちろん、それによって筋トレに期待できる効果は多少は減少しますが、それでも全く何もやらないよりはいいと思います。

 

 

年齢が50歳以上の人

 

年齢が50歳以上の方も日本人専用自宅トレーニングは控えておいた方がいいと思います。

 

なぜなら、今まで運動経験があまりない50歳以上の方に日本人専用トレーニングは少しキツすぎる可能性があるからです。

 

年齢に応じて筋トレにもやり方ってのがあるのです。

 

それに、当たり前の話かもしれませんが、筋肉をつけたりテストステロンや禁欲効果の向上を目指すのもいいですが、

 

怪我をせずにかつ健康的に毎日を送る方が優先度が高いと思います。

 

 

怪我をしたりトレーニングを継続できなくて挫折してしまっては元も子もないですからね。

 

 

でも、これから日本人専用トレーニングを実践しようと思っていた50歳以上の方はどうすればいいのか?

 

そういう方には、50歳以上の方専用に作られたプログラム『50歳から始める男の筋トレ』をおすすめします。

 

これは日本人専用トレーニングを制作した、全国ナンバーワンのパーソナルトレーナーである高橋祐爾さんが開発したプログラムなのですが、

 

『ちょいワルおやじをあきらめない!』っていうコンセプトが個人的には好きですね。

 

それに、名が知れているだけあって安心して参加できるのもメリットだと思います。

 

 

多分、僕も50代になったら参加すると思います。

(当分先の話ですが笑)

 

とにかく筋肉をデカくしたい人

 

日本人専用自宅トレーニングでも、筋肉を大きくすることはできます。

 

しかし、器具を使わない自重トレーニングであるだけに、

 

やはりデカくするのが目的であればジムなどでバーベルやダンベルなどを使った筋トレには劣ってしまいます。

 

 

機能的な細マッチョを目指すのであれば日本人専用トレーニングが多くの人にとってベストに近いと思いますが、

 

ボディービルダーのようなゴリマッチョを目指すならやはりジムなどで鍛えたほうが良いと思います。

 

ただ、今この時期でジムなどに行って鍛えるのが難しいって方は、

 

自宅で日本人専用トレーニングで筋力の基礎を作って、それを後々ダンベルなどの器具を使ったトレーニングに応用する

 

ということもできるので、組み合わせてみれば最強かもしれませんね。

 

腹筋を特化して鍛えたい人

 

腹筋だけに特化した筋トレをしたいって方がたまにいると思います。

 

パリッパリのキレッキレに割れたシックスパック。。。

 

手に入れたい気持ちは凄くわかります。

 

でも、そういう方は日本人専用トレーニングではなく、

 

シックスパックビルダーという腹筋に特化したプログラムの方が向いていると思います。

 

なぜなら、日本人専用トレーニングは全身の筋肉をバランスよく鍛えるサーキットトレーニングなので、腹筋に集中したトレーニング方法ではないからです。

 

日本人専用トレーニングでも腹筋を割ることは工夫次第でできますが、

 

それでもやはりシックスパックビルダーには腹筋という項目においては負けてしまいます。

 

ちなみにこれも日本人専用トレーニングの開発者である高橋裕爾さんが作ったプログラムなので、

 

全額保証やメールサポートもついているので信用度、トレーニング効果共に抜群です。

 

 

最後に

 

当記事を簡単にまとめます。

 

【日本人専用自宅トレーニングに向かない人の特徴】

 

・①筋トレに十分な時間を投資できない人

プリズナートレーニング

 

・②50歳以上の方

50歳からの男の筋トレ

 

・③とにかく筋肉をデカくしたい方

日本トレで基礎を作って後々応用も可能

 

・④腹筋に特化して鍛えたい方

シックスパックビルダー

 

最近、日本人専用トレーニングについてお問い合わせをちょこちょこいただいていて、

 

中には上記のような向かない方も複数おられました。

 

しかし、そういう人が参加すると後悔してしまうのではないのか?と思ったため、今回はあえてこのように記事にしてみました。

 

 

冒頭でもお伝えしたように、今世界全体が引きこもり状態になっています。

 

そんな中、周囲が家でゲームで遊びながら菓子を食ってゴロゴロしてしている時に、

 

筋トレを始めて継続していけば、細マッチョで健康的な体を手に入れ、見た目も健康もモテも手に入れて周りと差をつけることができる。

 

 

そういうことができるという意味では、まだ筋トレを本格的にやっていないという人にとっては今がチャンスなのかもしれませんね。

 

それでは、少し長くなりましたが今日はこの辺で以上です。

 

もし、日本人専用トレーニングについて何か質問等ございましたら、

 

実際に参加した僕の視点から回答させていただきますので、気軽にコメント欄かお問い合わせフォームにてお願いします。

 

 

-日本人専用トレーニング

© 2021 精神とオナ禁の部屋